1. HOME
  2. お知らせ一覧
  3. 卒業25周年記念事業 募金趣意書

卒業25周年記念事業 募金趣意書

1997年三田会会員各位

慣れ親しんだ慶應義塾の学び舎から大志を胸にして社会に出た平成9年から、もうすぐ卒業25年を迎えようしています。銀行や証券会社の破綻という金融危機からスタートした社会人生活、世界観が変わる様な凄まじい天災や社会的な事象に見舞われたとき、一個人としての無力感や虚無感に苦しんだとき、塾で学ぶことが出来た経験や知識、出会えた友人や恩師との交友や優しさに、どれだけ勇気と人生の喜びを分けて貰ったかわかりません。

その慶應義塾には卒業25年の塾員を卒業式に、卒業50年の塾員を入学式に、それぞれ招待をし塾長主催の塾員招待会を催すという伝統があり、我々1997年度の卒業生は来る2022年3月の卒業式へ招待をされることとなります。またこの25年に一回という節目を、歴代の先輩方はお互いの旧交を温めると同時に、現役の学生の中で支援を必要とする後輩達を奨学金という形でサポートするという機会としてきました。また、近年では塾の研究を支援するという選択も与えられています。

昨年来のコロナ禍において、我々同期も決して余裕のある環境ではないことは十分に承知をしておりますが、いまの現役学生の環境も極めて厳しいものがあると想像されます。オンラインでの学業が中心となり、秋までクラスの友人での集まりも難しかったこと、部活動やサークル活動、生活費や授業料に充当する為のアルバイトも平時とは大きく異なると推察されます。
我々97年度三田会としてはハイブリッドでの開催も視野に「2021年5月のキックオフ同窓会」「奨学金の募金活動」「2022年での大同窓会の開催」というイベントの実施と、あわせて同期の塾員名簿整備とウェブも含めた記念誌の編纂を推進することに致しました

制限された厳しい環境であるからこそ、それぞれの出来る範囲内で母校のため、これからの学術研究や後輩の未来のために社中協力の精神で2022年に向けて活動を行なって参りたいと思っておりますので、ご理解、ご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

1997年三田会卒業25周年記念事業実行委員会
実行委員長 麻生 巌
寄付事業委員長 河合史貴

 

募金要項

募金名称:1997年三田会記念大学奨学金および福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金

使途目的:
1997年三田会記念大学奨学金は、慶應義塾大学学部生(私費外国人留学生を含む)のうち、慶應義塾の学生として、ふさわしい優秀な人物・学業・成績で、かつ経済的に修学が困難であると認められたものに対して、授業料への充当を使途とする奨学金を給付し、援助することを目的とします。
また、福澤 諭吉記念慶應義塾学事振興基金は慶應義塾に所属する教職員・研究者の国外留学、研究活動、講演・学会・論文掲載、外国語による出版に掛かる費用などの補助を使途として、学術研究の振興、国際化の推進を目的とします。

募金期間:2021年6月15日~2022年11月30日

募金目標額:3,000万円

募集対象:1997年三田会会員およびアイデンティティ会員
※「アイデンティティ会員」:様々な理由により他年度の卒業となった方、修学年数が他学部と異なる医学部・看護短大卒業の方、他校へ移られた方などで、1997年三田会に愛着を持って下さる皆さんには『アイデンティティ会員』としてご参加頂いています。
※【注】公職選挙法等の法令により寄付が禁止されている方は、寄付募集の対象外とさせていただきます。

募金種類:
① 1997年三田会記念大学奨学金(記念奨学金)
② 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金(福澤基金)
③ おまかせ(1997年三田会寄付委員会が記念奨学金または福澤基金のいずれかに振り分けます)

募金金額:
① 個人名義  1口10,000円(できましたら3口以上のご協力をお願いいたします)
② 法人名義  1口50,000円(できましたら2口以上のご協力をお願いいたします)

振込方法: 以下①~③の方法とします。

① クレジットカード決済での払込み
募金種類に応じて、下記リンクボタン(「寄付はこちらから」) より寄付等申込システムにアクセスし、決済情報入力欄で「クレジットカード決済」を選択してください。決済が終わりますと、決済完了メールがご登録いただいたメールアドレス宛に送信されます。(※受信設定により迷惑メールフォルダに着信する場合もあります。1997年三田会寄付委員会アドレス:donation@1997mitakai.jpからのメールがご受信いただけるよう、ご確認下さい。)
ご利用いただけるクレジットカードは以下の通りです。

クレジットカードは、ご本人名義以外はご利用できません。お支払い回数は、一回払いのみとなります。決済後のご変更・ご返金等は原則としてできません。寄付金は、通常のカード利用と同様にご指定の口座より振り替えさせていただきます。 振替日は各カード会社より送付されるご利用明細でご確認ください。ご利用明細には「1997年三田会事務局」と表示されます。振替不能の場合、カード会社等よりご連絡させていただくことがございます。

寄付はこちらから

② インターネットバンキング決済(ペイジー)での振込み
募金種類に応じて、下記リンクボタン(「寄付はこちらから」) より寄付等申込システムにアクセスし、決済情報入力欄で「インターネットバンキング決済(ペイジー)」を選択してください。

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行、または「金融機関検索」からご利用になりたい金融機関を選択し、「入力内容確認へ」ボタンを押して次に進みます。入力内容をご確認いただき、「お申込み」ボタンを押してください。完了画面が表示されますので、「金融機関サイトへ」ボタンを押してください。
続けて金融機関のインターネットバンキングサイトが表示されますので、ログインしていただき、お振込みの手続きをしてください。決済が終わりますと、振込完了メールがご登録いただいたメールアドレス宛に送信されます。
直ぐに金融機関のインターネットバンキングサイトでログインされない場合は、寄付申込完了から14日以内に振込手続をお願いいたします。それ以降は、各金融機関に送付した情報が無効になります。
後日、金融機関のインターネットバンキングサイトにログインする際には、寄付情報確認画面で「お申込み」ボタン押していただいた時点で送信される、申込完了メールにあるURLにアクセスいただき、必要な決済情報を入手した後、金融機関のインターネットバンキングサイトにて、振込手続きをお進めいただくことになります。
お振込み後のご変更・ご返金等は、原則としてできません。

寄付はこちらから

③ 銀行振込
事前に、1997年三田会寄付委員会 (donation@1997mitakai.jp)宛に、銀行振込を行う旨のメールを送信し、確認番号を取得してください。払込人氏名欄で、氏名もしくは法人名の前に確認番号を記入した上で、下記指定口座にお振込みください。
(同姓同名の方や同名義の法人がいる場合や、名簿と口座名が異なっている場合などの照合用です)

三井住友銀行 葛西支店(店番823) 普通預金 5173979
口座名:1997年三田会25周年寄付金口座 (カナ:1997ネンミタカイ25シュウネンキフキンコウザ)

ご芳名掲載:
『三田評論』誌上および1997年三田会サイトに後日ご寄付いただいた皆様のご芳名が掲載されます。掲載を希望されない方は、
・クレジットカードまたはインターネットバンキング決済をご利用の場合は寄付等申込みシステム上で「掲載不可」をご選択ください。
・銀行振込をご利用の場合は振込用紙通信欄にその旨ご記入ください。

 

領収証の発行と寄付金控除

(1)1997年三田会で取りまとめた寄付金は、1997年三田会から学校法人慶應義塾に全額を送金し、学校法人慶應義塾の管理の下で使用されます。

(2)領収証は、1997年三田会から慶應義塾へ入金された後、慶應義塾が発行いたします。
いただいた寄付金は、まず各金融機関から収納代行業者に送金され、その後、1997年三田会に入金されます。領収証発行日付は、振込完了日ではなく、1997年三田会から慶應義塾への着金日となります。

(3)慶應義塾に対するご寄付は、特定公益増進法人に対する寄付金として、確定申告をすることにより税法上の優遇措置(寄付金控除)を受けることができます。確定申告をする際に必要な領収証と文科省が発行した寄付金控除に係る証明書(写)は、後日に慶應義塾から郵送されますので、納付日が属する年度における確定申告の際にご利用ください。
なお、2021年11月末日までに個人名義でお振込いただいたものは、2021年分の個人所得税の確定申告(2022年2月16日~3月15日が原則ですが、新型コロナウィルスの影響により変更となる可能性があるため、ご留意ください)における寄付金控除にご利用になれます。2021年12月1日~2022年11月末日に個人名義でお振込みいただいたものは、2022年分の個人所得税の確定申告(2023年2月16日~3月15日)における寄付金控除にご利用になれます。
また、法人名義でお振込みいただいたものは、領収証発行日付が属する当該法人の事業年度における確定申告においてご利用になれます。

なお、銀行窓口での振込依頼書の控え、ATM等の振込票等を大切に保管しておいてください。

【参考】寄付金控除の詳細については、慶應義塾基金室のホームページをご覧ください。
https://kikin.keio.ac.jp/menzei/

【参考】領収証発行の詳細については、こちら(よくあるご質問のQ19)をご覧ください。

【会計報告等】
募金期間終了後に1997年三田会ウェブサイトでご報告いたします。

1997年三田会卒業25年記念事業実行委員会事務局
〒100‐0005 東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビル22階
株式会社麻生 東京支社内
E-mail: info@1997mitakai.jp
E-mail(寄付金関係専用窓口): donation@1997mitakai.jp

塾生注目!

  1. 思い出箱(タイムマシーン 第十号)
    横浜インターコンチネンタルホテルにて園遊会決定(96年7月号) いよいよ最終回となりました。これまでの9回の記事の中で...
  2. 思い出箱(タイムマシーン 第九号)
    学生証カード化へ(94年9月号) 私たちの学生時代はインターネットの黎明期で、実家との長距離電話料金も急激に安くなり、...
  3. 思い出箱(タイムマシーン 第七号)
    地下鉄サリン事件(95年5月号) 現在のコンプライアンスが強化されている中、まだ緩かった時代を少し思い出します。 入...

新着のお知らせ

  1. 思い出箱(タイムマシーン 第十号)
    横浜インターコンチネンタルホテルにて園遊会決定(96年7月号) いよいよ最終回となりました。これまでの9回の記事の中で...
  2. 思い出箱(タイムマシーン 第九号)
    学生証カード化へ(94年9月号) 私たちの学生時代はインターネットの黎明期で、実家との長距離電話料金も急激に安くなり、...
  3. 思い出箱(タイムマシーン 第七号)
    地下鉄サリン事件(95年5月号) 現在のコンプライアンスが強化されている中、まだ緩かった時代を少し思い出します。 入...
  4. 9/3アメフト応援🏈9.24大同窓会前ラストイベント
    【★9.24前の最後のイベント★】 9.24の大同窓会。 そのプレイベント、アメフト観戦ツアー@東京ドーム&飲み会のお誘いで...
  5. 思い出箱(タイムマシーン 第六号)
    箱根駅伝出場(93年11月号) 当時はまだリビングの中心にテレビがあり、現在よりも家族の中心に鎮座していました。特に年...
  6. 9.24大同窓会まで、あと1ヶ月!
    ★8月末までにお申込みで、オリジナルマスクをpresent★ 97から輝く未来へ 広げよう、つなげよう仲間の輪を いよいよ9月...
  7. 思い出箱(タイムマシーン 第五号)
    未体験の東京六大学野球優勝(97年6月号) 93年4月入学から97年3月卒業者の塾員の場合、経験したことが無いのが在学期間中...
  8. 思い出箱(タイムマシーン 第四号)
    看護短大特集(95年10月号) 今回は慶應看護短大の特集記事を掲載します。 サークルなどで接点が無ければ、恐らく看護学...
  9. 思い出箱(タイムマシーン 第三号)
    通信課程特集(93年~96年各8月号) 大学時代と社会人の夏休みの違いは?と聞かれると最初に“休み期間の長さ”と答える人が...
  10. 思い出箱(タイムマシーン 第二号)
    高校生活から自由を勝ち得ての臨んだ大学生活。 当時履修登録は当時はマークシート方式でエントリー。 受験が終わっても...
お知らせ一覧はこちら
YouTubeYouTube TwitterTwitter
このページの先頭へ