1. HOME
  2. 実行委員長挨拶

実行委員長挨拶

慣れ親しんだ慶應義塾の学び舎から大志を胸にして社会に出た平成9年から、もうすぐ卒業25年を迎えようしています。銀行や証券会社の破綻という金融危機からスタートした社会人生活、世界観が変わる様な凄まじい事象に見舞われたとき、一個人としての無力感や虚無感に苦しんだとき、塾で学ぶことが出来た経験や知識、出会えた友人や恩師との交友や優しさに、どれだけ勇気と人生の喜びを分けて貰ったかわかりません。

その慶應義塾には卒業25年の塾員を卒業式に、卒業50年の塾員を入学式に、それぞれ招待をし塾長主催の塾員招待会を催すという伝統があり、我々1997年度の卒業生は来る2022年3月の卒業式へ招待をされることとなります。またこの25年に一回という節目を、歴代の先輩方はお互いの旧交を温めると同時に、現役の学生の中で支援を必要とする後輩達を奨学金という形でサポートするという機会としてきました。また、近年では塾の研究を支援するという選択も与えられています。

昨年来のコロナ禍において、我々同期も決して余裕のある環境ではないことは十分に承知をしておりますが、いまの現役学生の環境も極めて厳しいものがあると想像されます。オンラインでの学業が中心となり、秋までクラスの友人での集まりも難しかったこと、部活動やサークル活動、生活費や授業料に充当する為のアルバイトも平時とは大きく異なると推察されます。
我々1997年三田会としては会場を設けると共に、オンラインでの参加も募るハイブリッドでの「2021年5月のキックオフ同窓会」を始めとして、「奨学金の募金活動」「2022年での大同窓会の開催」というイベントの実施、あわせて同期の塾員名簿整備とウェブも含めた記念誌の編纂を推進することに致しました。

制限された厳しい環境であるからこそ、それぞれの出来る範囲内で母校のため、これからの学術研究や後輩の未来のために社中協力の精神で2022年に向けて活動を行なって参りたいと思っておりますので、ご理解、ご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

1997年三田会卒業25周年記念事業実行委員会
実行委員長 麻生 巌

塾生注目!

  1. 思い出箱(タイムマシーン 第十号)
    横浜インターコンチネンタルホテルにて園遊会決定(96年7月号) いよいよ最終回となりました。これまでの9回の記事の中で...
  2. 思い出箱(タイムマシーン 第九号)
    学生証カード化へ(94年9月号) 私たちの学生時代はインターネットの黎明期で、実家との長距離電話料金も急激に安くなり、...
  3. 思い出箱(タイムマシーン 第七号)
    地下鉄サリン事件(95年5月号) 現在のコンプライアンスが強化されている中、まだ緩かった時代を少し思い出します。 入...

新着のお知らせ

  1. 思い出箱(タイムマシーン 第十号)
    横浜インターコンチネンタルホテルにて園遊会決定(96年7月号) いよいよ最終回となりました。これまでの9回の記事の中で...
  2. 思い出箱(タイムマシーン 第九号)
    学生証カード化へ(94年9月号) 私たちの学生時代はインターネットの黎明期で、実家との長距離電話料金も急激に安くなり、...
  3. 思い出箱(タイムマシーン 第七号)
    地下鉄サリン事件(95年5月号) 現在のコンプライアンスが強化されている中、まだ緩かった時代を少し思い出します。 入...
  4. 9/3アメフト応援🏈9.24大同窓会前ラストイベント
    【★9.24前の最後のイベント★】 9.24の大同窓会。 そのプレイベント、アメフト観戦ツアー@東京ドーム&飲み会のお誘いで...
  5. 思い出箱(タイムマシーン 第六号)
    箱根駅伝出場(93年11月号) 当時はまだリビングの中心にテレビがあり、現在よりも家族の中心に鎮座していました。特に年...
  6. 9.24大同窓会まで、あと1ヶ月!
    ★8月末までにお申込みで、オリジナルマスクをpresent★ 97から輝く未来へ 広げよう、つなげよう仲間の輪を いよいよ9月...
  7. 思い出箱(タイムマシーン 第五号)
    未体験の東京六大学野球優勝(97年6月号) 93年4月入学から97年3月卒業者の塾員の場合、経験したことが無いのが在学期間中...
  8. 思い出箱(タイムマシーン 第四号)
    看護短大特集(95年10月号) 今回は慶應看護短大の特集記事を掲載します。 サークルなどで接点が無ければ、恐らく看護学...
  9. 思い出箱(タイムマシーン 第三号)
    通信課程特集(93年~96年各8月号) 大学時代と社会人の夏休みの違いは?と聞かれると最初に“休み期間の長さ”と答える人が...
  10. 思い出箱(タイムマシーン 第二号)
    高校生活から自由を勝ち得ての臨んだ大学生活。 当時履修登録は当時はマークシート方式でエントリー。 受験が終わっても...
お知らせ一覧はこちら
YouTubeYouTube TwitterTwitter
このページの先頭へ